« 2012年AKB48総選挙熱戦だったようです。 | トップページ | ネコ派か、犬派かわからないけど、キャラクターは気になる!(キティちゃん編) »

NHK 仕事ハッケン伝 「ザブングル 加藤歩 × 雑誌編集者」を見ての感想!

NHK 仕事ハッケン伝 「ザブングル 加藤歩 ×雑誌編集者」を見ての感想です。

今回、雑誌編集者ってどんなお仕事をするか楽しみにしていた私でした。

修行にいく 加藤さんのご実家は、本屋さんで、雑誌をよく加藤さんは見ていて、

編集者にあこがれがあったようです。

でも、今回取材するのは、ファッション雑誌・・・・。

と、いっても、中学生向けファッション雑誌だったのです。

私も、びっくりです。未知の世界だよー。私だって、言葉がついていけないよー。

でも、ナレーター担当している人とか、MCの司会やってる人の世代だから、それで、

見ていったらいいよねと私なりに記事にすればいいかと思いました。

内容とか言葉のやりとりとかわかんないことが多いので、ごめんなさい。

さて、加藤さんは、今回の目標を雑誌の1ページか2ページを自分でつくるってことに

なりました。

でも、ティーンズ雑誌って、なかなか取材の時間が限られているみたいです。

でも、お笑いの方って、構成とか脚本とかネタと考えて書くことが多いから、

それが役立つのではないのかなと私は思いました。

それっていろんな分野に役立つことですね。

編集長とか、副編集長さんとかの指導を受けながら、

絵コンテを考えて、練る仕事をじっくりやっていました。

絵コンテって設計図みたいなものらしい。

でも考えてみたら、小さい子たちから、おしゃれさんが多くなりましたね。

だから、読者モデルにあこがれる人って多いのかなあ。

でも、今回取材したモデルの人たちは、ちゃんと考えて行動していたから、

りっぱだなと思いました。

休み時間の過ごし方というテーマを決めて取材を細かくしていく。

ファッションショーのお仕事があったら、読者や、見に来てる人にも、突撃取材・・・。

時間をかなり絵コンテ作成に ついやして、モデルの人たちや、カメラの担当の人などに

助けてもらいながら、修行の日を延長して終わりまでキチッと仕事をやるってことを

目標にして、編集の仕事をやりこなしていきました。

取材とか、モデルさんとかと、話をするうちに、企画のヒントがでてくることも

あるんだなと思いました。

なんだか、いっしょに参加している人が、助け合いながら作っていくって感じでした。

日々の積み重ねもあるけど、アイデアが多いほど浮かんでくることもあるんだなと思いました。

この仕事は本当に、難しいものだと思いました。

どう、楽しさ、興味をもってもらうかが勝負なので・・・・。

構成することって、時間がかかるものなのね・・・・・。

読者がどう よかったっていってもらえるかということも必要なのね。

きっと、加藤さんは、やりきってよかったって思ったに違いないと思います。

出来上がりのイメージの記事をみて感激していました。

この仕事、引き受けてよかったと思わせることが、この「仕事ハッケン伝の番組」の目標かも知れません。

いつも訪問ありがとうございます。

|

« 2012年AKB48総選挙熱戦だったようです。 | トップページ | ネコ派か、犬派かわからないけど、キャラクターは気になる!(キティちゃん編) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHK 仕事ハッケン伝 「ザブングル 加藤歩 × 雑誌編集者」を見ての感想!:

« 2012年AKB48総選挙熱戦だったようです。 | トップページ | ネコ派か、犬派かわからないけど、キャラクターは気になる!(キティちゃん編) »